まずは町医者へ:コメディカルと医師の関係の実態


転職はDODA

転職エージェントのDODA-専任のキャリアコンサルタントが無料で転職相談を承ります


まずは町医者へ

大学病院で実習をしている私たちは、外来見学をする機会があります。そこでいきなり怒り出した患者さんに出会いました。

彼は「3時間も待ってこんな診察しかしないのか!」と憤慨し、先生は丁寧に説明をし直し誠心誠意謝ると、やっと満足した顔をして診察室を出て行きます。私たちは始終訝しげな顔で相互の顔色を見比べ、そして患者さんが出て行った後こっそりため息をつく先生を見逃してなどいませんでした。

先生はなぜ『こんな診察』と言われたのでしょうか?それは、その患者さんが「3時間待って、ただの風邪と診察されたから」です。

身体の具合が悪かったために、深刻な病気になっていないか不安だった患者さんの気持ちも充分に分かります。しかし、問診上も聴診上も採血上もレントゲン上も、風邪しか疾患は考えられなかったのです。これ以上検査を増やすと患者さんに侵襲が及ぶだけでなく、金銭面でも負担がかかってしまいます。先生の取った最善の策が裏目に出ることもあると、この件で学びました。

確かに大学病院は来院する患者数が多いので『3時間待って3分診療』と言われてしまいます。これを解消するために予約票を作り、患者数を安定させることで短い待ち時間でより良い診察をしようと努力しています。

しかし、これよりもっと簡単に診察を受ける方法があります。それは『町医者へ行く』ことです。最近はどこの病院も混んでいますが、さすがに2時間3時間と待たされることはありません。何より、自分のことをよく把握しているかかりつけ医がいることは何より心強いと言えます。

大学病院だからといって素晴らしい医者が揃っているわけではありません。診療所のお医者さんでも立派な医者です。保険制度が変わった今、かかりつけ医を作ってみてはいかがですか?

カテゴリー:病院関連

転職はDODA

転職エージェントのDODA-専任のキャリアコンサルタントが無料で転職相談を承ります


まずは町医者へ:関連記事

ドクターヘリの問題点
私の通っている大学にはドクターヘリがあります。病院の裏に待機しており、飛んでいくところをよく見かけ...

精神科閉鎖病棟の実際
『閉鎖病棟』 この言葉からあなたは何を想像するでしょうか?薄暗く古びた病院に社会復帰の望めない精神...

コメディカルには、色々な分野がありますが、医療現場を支えるという意味では、医師とともに大事な役目を果たす必要があるのが、この職種です。しかし、その実態としては、医師法によって、医師との明確な差別化もなされているのが現状で、医師の判断無く勝手に診療行為をしてはいけないなどの制約も有り、 ともすれば、医療現場では、しばしば人間関係においての軋轢もみられるのがこの業種です。

しかしながら、大切な患者さんの命を守る仕事が、医療というモノであり、その分、人の役に立っているという使命感も得られる職種です。
今後、この業界に就職転職しようとされようとしている方は、是非当サイトの情報をご参考下さい。