整形した人の行動:コメディカルと医師の関係の実態


転職はDODA

転職エージェントのDODA-専任のキャリアコンサルタントが無料で転職相談を承ります


整形した人の行動

日本のお隣韓国では、プチ整形が当たり前のように行われています。そして私の周りにも大胆なほどに整形をした人がいます。同級生の彼女は頑なに否定していますが、「あれを整形と言わずに何というのか?」それほどまでの整形をした彼女を、私は観察することにしました。

思い返せばゴールデンウィークの明けたある日、彼女は突然眼鏡とマスクという重装備で登校してきました。誰もが「どうしたの?」と尋ねます。ある者には「花粉症みたいなの」と答え、ある者には「コンタクトが痛くて」、またある者には「犬に噛まれたの」と答えていました。

その頃からみんなの心にある感情が芽生え始めました。装備を外した彼女の顔が連休前とどこか違うからです。何が違うのか?どこが変わったのか?この拭えない違和感は何なのか・・・?陰で噂をしていると、どこからともなく『整形』のキーワードが溢れ出てきます。

「目か?目を二重にしたのか?」「いや、鼻だろう。鼻を高くしたに決まっている」「まさか両方じゃないか?」派手な見た目をしていた彼女だったので、その噂はあっという間に学部中に広まりました。

誰が顔のことを尋ねても、「最近みんなにそう言われるんだけど本当に違うのよ」と一蹴されておしまいです。疑惑の冷めないまま、真実は闇の中となりました。

私の嗅覚では、彼女は間違いなく整形をしたはずなのですが・・・・その答えは来年配布される卒業アルバムに載っているかもしれません。

カテゴリー:整形

転職はDODA

転職エージェントのDODA-専任のキャリアコンサルタントが無料で転職相談を承ります


整形した人の行動:関連記事

日帰り手術ってどうなの?
ER実習で当直をしていたある日のこと。まだ20歳そこそこの女の子が運ばれてきました。主訴は性器出血...

整形Gメン
「あ、またこのタレント整形した!」と私の隣で叫ぶのは実の妹・Rです。 なにせ、この妹は整形を見抜く...

コメディカルには、色々な分野がありますが、医療現場を支えるという意味では、医師とともに大事な役目を果たす必要があるのが、この職種です。しかし、その実態としては、医師法によって、医師との明確な差別化もなされているのが現状で、医師の判断無く勝手に診療行為をしてはいけないなどの制約も有り、 ともすれば、医療現場では、しばしば人間関係においての軋轢もみられるのがこの業種です。

しかしながら、大切な患者さんの命を守る仕事が、医療というモノであり、その分、人の役に立っているという使命感も得られる職種です。
今後、この業界に就職転職しようとされようとしている方は、是非当サイトの情報をご参考下さい。